解説美空ひばり主なシングル曲

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
実にたくさんの曲を、世に送り出し、ヒットさせてきた美空ひばりですが
ここでは、主なシングル曲をご紹介します。


美空ひばり~1940年代のシングル曲

美空ひばり_河童ブギウギ ・河童ブギウギ (1949年)

それまで、物まねとして、他の歌手の歌を歌っていたひばりですが、初のオリジナル曲としてレコーディングされた曲です。『踊る竜宮城』という映画で使われています。映画出演のためのオーディションの時、群を抜いた歌唱力で、末恐ろしい子がやってきたと、映画関係者に思わせたようです。


・悲しき口笛 (1949年)


美空ひばり~1950年代のシングル曲

・東京キッド (1950年)

・越後獅子の唄 (1950年)

寂しい気持ちが詰まった曲。フォークシンガーや、たくさんの歌い手に影響を与えた歌でもありました。松竹映画『とんぼ返り道中』の主題歌。


・私は街の子 (1950年)
美空ひばり_リンゴ追分

当時のひばりにピッタリな曲。多くの人が口ずさんだそうです。


・あの丘越えて (1951年)

・お祭りマンボ (1952年)

特にファンの前で歌う時は、ノリにノッていた曲。
軽快で、舞台でも盛りあがり必至な曲で、ファンの目を一人ひとり見ながら、実に楽しそうに歌っいました。


・津軽のふるさと (1952年)

演歌っぽい曲名ですが、ムーディな歌謡曲です。実に伸びやかに歌いあげています。


・リンゴ追分 (1952年)
・波止場だよ お父つぁん (1956年)
・港町十三番地 (1957年)
・車屋さん (1958年)


美空ひばり~1960年代のシングル曲

・哀愁波止場 (1960年)

レコード大賞歌唱賞受賞。高音から入る物悲しい響きが、哀愁を漂わせています。


・ひばりの佐渡情話 (1962年)

音域が広く、ひばりでなければ歌い込めない歌。情感たっぷりに歌いあげています。友人の王貞治さんがこよなく愛した曲としても有名です。


美空ひばり_真赤な太陽 ・哀愁出船 (1963年)
・柔 (1964年)
・悲しい酒 (1966年)
・真赤な太陽 (1967年)

・芸道一代 (1967年)

ひばりと、母、喜美枝をイメージして作られた曲。皮肉なことに、この時すでに喜美枝は、病に倒れていました。それゆえに、この曲を歌うときには、余計に気持ちがこもっているようです。


・むらさきの夜明け (1968年)


美空ひばり~1970年代のシングル曲

・人生一路 (1970年)

弟の哲也が作曲。ひばりも好んで良く歌っていました。不祥事で世間から叩かれた昭和48年の暮れも、弟を激励するかのように、テレビで熱唱していました。


・ある女の詩 (1972年)


美空ひばり_川のながれのように

美空ひばり~1980年代のシングル曲

・おまえに惚れた (1980年)
・裏町酒場 (1982年)
・しのぶ (1985年)

・愛燦燦 (1986年)

小椋桂作詞作曲。とてもゆったりとして優しい気持ちになれる曲。


・川の流れのように (1989年)


TOPPAGE  TOP 
相互リンクお問い合わせ