解説美空ひばり:シングル曲売り上げベスト10

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
美空ひばりの数ある名曲の中でも、売り上げが特に良かったシングル10曲をご紹介します!

美空ひばり_柔

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:1位柔(1964年) - 190万枚

柔は第二回レコード大賞歌唱賞を受賞した、1964年の作品。
ひばりにとっても久しぶりのヒットで、同じ年に開かれた東京オリンピックを意識して作られたと言われている、いわゆる「スポ根」歌。最初は、これは男の曲だから歌いたくないと語っていたひばりでしたが、離婚で傷ついた心を一掃するかのような売れ行きになりました。



美空ひばり_川のながれのように

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:2位川の流れのように(1989年) - 150万枚

ひばり最後の作品「川の流れのように」・・・。
歌とひばりの人生が溶け合って、これぞ歌という一曲。
ひばりを知らない世代でも、この曲は知っているという若者も多いのではないでしょうか?
今なお、カラオケなどでもよく歌われる、「名曲」ですね。



美空ひばり_悲しい酒

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:3位悲しい酒(1966年) - 145万枚

幸せを手に入れようとしてうまくいかず、また一から頑張ろうとする女の歌「悲しい酒」。
ひばりの代表曲と挙げる人が多い作品でもあります。歌っていて必ずと言ってよいほど、涙を流すひばりに、彼女自身の人生を重ね合わせられるからかもしれません。



美空ひばり_真赤な太陽

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:4位真赤な太陽(1967年) - 140万枚

「歌は我が命」というLPに収録されていましたが、ファンから「シングル盤はないのか!」という声が殺到したため、急きょシングルカットとなった人気曲。ポップス調は、今までなかったため、ひばりにとって新鮮でした。



美空ひばり_リンゴ追分

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:5位リンゴ追分(1952年) - 130万枚

リンゴ追分は、浪曲に流れているような一種独特の情念のうねりがある曲。ちょうどひばりが変声期を迎えた頃でしたが、曲の初めの低音が見事に響きわたり、情感たっぷりに歌いあげています。70万枚というヒットとなり、ひばりだけでなく、日本歌謡界においても売上新記録になりました。



美空ひばり_みだれ髪

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:6位みだれ髪(1987年)

みだれ髪は、「大腿骨骨董壊死」で入院していたひばりの復帰作として作られた曲。福島県塩谷岬のイメージをひばりの現実になぞらえて書いた詞が、ひばりの心に沁みたようです。休業のブランクを感じさせないレコーディングで、自分は歌を歌うために生れて来たんだと改めて思ったということです。



美空ひばり_港町十三番地

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:7位港町十三番地(1957年)

港町十三番地は「明日があるさ!」と明るい未来を信じる歌。
最初は「港町三番地」という詞でしたが、ゴロが悪いということで「十三番地」に変えたそうです。「十三番地」は実際には存在しませんが、曲のヒットと共にこの言葉も流行語になりました。



美空ひばり_波止場だよ お父つぁん

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:8位波止場だよ お父つぁん(1956年)

「みだれ髪」「哀愁波止場」も手掛けた船村徹作曲作品。この曲を手掛ける前に、父、増吉と会い、増吉と意気投合した船村は、増吉をイメージしてこの曲を作ったようです。レッスンでひばりの潜在能力の高さに驚いた船村は、普通の歌手とは違ったパターンの作風を作ることを 心に決めたと言われています。



美空ひばり_東京キッド

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:9位東京キッド(1950年)

同名映画「東京キッド」の主題歌。
地方巡業に行っても、これまでにはなかったほどのファンの熱狂ぶりに、ひばりはすごく驚いたようです。超満員で、ひばりの行くところには既に人だかりができるほど。あまりのすさまじさに、地方巡業にはすべてといっていいほど、山口組田岡組長が同行することになりました。



美空ひばり_悲しき口笛

美空ひばりシングル曲売り上げベスト10:10位悲しき口笛(1949年)

ひばりの初主演映画、「悲しき口笛」の中で歌われる同名の曲。ひばりの生涯最初のオリジナル曲、「河童ブギヴギ」の万城目正作曲。最初はひばりの芸能界入りに、反対していた増吉が、この曲の大ヒットで、目に涙を浮かべて喜んでいる姿を見て、ひばりは、やっと許してくれたのだと思い、胸が熱くなったということです。ついには45万枚を超える売上で、戦後最大のヒットとなりました。



TOPPAGE  TOP 
相互リンクお問い合わせ