解説一卵性親子の戦い

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
美空ひばりDVD:昭和の歌姫「美空ひばり」思い出のあの曲を:一卵性親子の戦い 美空ひばりと、母、喜美枝は、一卵性親子と呼ばれていました。9歳のデビュー時から、片時も離れなかったというのも理由の一つです。しかし、喜美枝がひばりに夢中になったのには喜美枝のもともと持ち合わせている性格、さらに、喜美枝の置かれている立場も十分関係していました。

喜美枝は、いつもなにかの目標をめざして、生きてきた人でした。
もともと「音楽を聴く」耳は肥えていて、芸事が好きだったことものめり込む要因だったようです。増吉、喜美枝夫婦で営んでいた魚屋、「魚増」の商売に精を出し、自分の弟妹たちに気配りし、自分の子供を育て、娘に歌の才能を見つけると、今度はその才能に夢中になっていきます。

そして、ひばりの芸能活動は、喜美枝の心に増吉との結婚当初からずっと存在する、重いわだかまりを、晴らすきっかけにもなったようです。増吉の女道楽に、ほとほと苦しめられていた喜美枝は、時に異常とも思える激しさで、うさを晴らすかのようにひばりの芸能活動にどんどんのめりこんでいきます。

喜美枝は、奇抜なアイデアで、周囲を驚かせるだけでなく、ひばりの最高のマネージャーであり、演出家であり、批評家であり、他の誰よりもひばりの大ファンでした。どうやったらひばりを良く魅せるか、全てを心得ていた人でもありました。ひばりは元来大人しい性格で、自分の全てを知って良いように取り計らってくれる母に、絶対の信頼を置いていました。いつも離れず、男性の好みも一緒、一見、母親のいいなりにも思われそうですが、これが、喜美枝なりの守り方だったのです。

喜美枝は、病床にいてもひばりの舞台の衣装や演出に、絶対的な権限をもっていました。
きっと、執念に近いものがあるかもしれません。しかし、喜美枝がいたから、ひばりは芸に生き、芸に死ねたと言えるでしょう。

しかし、一卵性親子ゆえに残念なことまで引き継いでしまいます。

喜美枝は常日頃「ファミリー以外は信用するな」という独特な考えを、持っていました。ファミリー以外の人間は、長く一緒に居過ぎると、何かトラブルがあった時、結局は、邪魔な存在になると考えていたようです。

そのため、長年尽くしてきても喜美枝と意見が対立すると首を切られるマネージャーやスタッフが何人もいました。

残念なことに、喜美枝の死後、完全にこの心得がひばりに引き継がれることとなります。ひばりの晩年は、さらに心得が徹底されることになってしまったのが、悲しい限りです。

他人のよかれを思って伝えてくれる助言を聞かない、自分達の進む方向に、異議を唱える人たちをことごとく外に追いやってしまいます。どんなに長い間、共に働いてきた人たちであっても、 排除の対象となってしまいました。

それゆえに結果的に、自分で自分の首をしめてしまったひばりは、ますます孤独になってしまったのです。



TOPPAGE  TOP 
相互リンクお問い合わせ